ビジネスコーチング

ビジネスコーチングとは?

Bisiness coaching

最近は日本の企業でもビジネスコーチを付けるところが増えてきました。ビジネスオーナーにとって時間とスピードはとても大事。ビジネスコーチングにより目標達成までの道のりを短くし、成果を早く出すことが可能です。 ビジネスオーナー、リーダー達は孤独です。仕事についての悩みを他人に話せず、うまくいかないときに相談できる人も周りにいない、けれども迅速な意思決定、リーダーシップを常に求められる。こんな時になんでも話せて信頼でき、第三者の視点でフィードバックしてくれる人がそばにいたら、どんなに気持ちが楽になり、視野がひろがり、ビジネスを前進させる力が出てくるでしょうか。 人は問題にぶつかると、そこしか見えなくなります。そんなときにビジネスコーチがいることで現状を打破し次のステージの成功へと進むことができるとしたら、コーチを持つ価値はあるのでは? 1.ビジネスコーチとは? コーチングとは、クライアントを今いるところから行きたいところへお連れすること。https://coachmizuyo.com/2020/05/is-coaching-effective(コーチングについての過去の記事参照) ビジネスコーチングとはビジネスに特化したコーチング。 ということは今のビジネスの状態から、クライアントの目指すビジネスの状態に導くこと。 強いスポーツ選手には有能なコーチがついています。 ビジネスも一緒。有能なビジネスコーチを付けることで、短期間で望む結果が出せます。 私は現在トライアスロンコーチを付けていますが、付ける前は走るのが3キロ、足をつかずに泳ぐのが25メートルがいっぱいいっぱいでした。 それがコーチを付けることで一緒に目標タイムを決め、それに向かって個人にあった練習メニューを組んでもらい、フォームを改善してもらい、レース前から当日にどう栄養をとるか、パワーを持続するためにどうレースに挑むかの戦略をアドバイスしてもらい、自己流ではなしえなかった結果を短期間に出せています。 コーチがいることで、その期待に添うようにしっかり怠けづに練習するし、なによりとても心強いです。 ビジネスコーチはスポーツで例えるなら、目標達成に向かい、選手に寄り添って、モチベーションをキープしたり、パフォーマンスを上げたり、問題点を客観的に分析、アドバイスしていくことで相手の才能を最大限発揮できるように働きかけるのが仕事。 これをビジネスに置き換えると、企業の理念、ビジョン、価値観を明確にし、短期や長期の目標を立て、それを達成させるために障害となる問題点を改善したり、他者の視点からアドバイスすることで、停滞している状態を打破し、ポテンシャルを最大限に発揮し、短期間で望む結果を出すように導いていくのが仕事です。 よくコンサルタントと混同されますが、コンサルタントは、クライアントが必要としている答えを提供することが仕事です。 経営コンサルタントや財務コンサルタントが代表例です。 コーチングもコンサルタントも役目が違うので、結果を出すうえでは両方大事なんです。 2.ビジネスコーチングとエグゼクティブコーチングの違いは? ビジネスコーチングはクライアントの明確な目標を設定し、それに向けてパフォーマンスを改善、ビジネスと組織を成長させ、目に見える成果を出すことを第一目的とします。 エグゼクティブコーチングは組織の上級管理職や企業幹部へのコーチング。自己認識を高め、自己研鑽することでリーダーシップやマネジメント能力を高め、組織でののパフォーマンスを上げることを目的とします。 …

Read More